大事な日に、顔パンパン!むくみで困らないための4つの秘訣。

mukumi-kaisho

美容コラム

皆さま、こんにちは☆

院長写真

小顔整体専門家の院長 秋山 幸

こちらのコラムでは、日常で使える”美容”や”健康”に関する豆知識を、専門家の目線で紹介していきます!

さて今回は、デートや人前に立つ日など、あなたにとって大事な日に「顔がむくんでパンッパン!」そんな大惨事を起こさないために…

簡単に出来る「むくみ対策」について紹介します。

これを読めば、顔のむくみに悩まされることも、かなり減ってきますよ!

なので…こんなお悩みに覚えがある方は、是非ご覧下さいね!

  • 大事な日に限って、顔や足がむくんでしまう
  • デートなのに、むくんでないか心配で集中できない…
  • 顔だけすごくむくみやすい…
  • 最近、太ったわけじゃないのに顔が大きくなった気がする
  • むくみすぎて、何もかもどうでもよくなってきた。

 

顔がむくむ原因は、実は多くの場合は前日の行動にあります。

あなたのむくみは前日が原因!?

あなたは大事な日の前日、こんなことをしてませんか?

  1. 夜はシャワーで済ませちゃう
  2. YouTubeやHuluに夢中で夜更かししちゃう
  3. 夕飯にしょっぱいものを食べがち
  4. むくみたくないし、水は飲まないようにしている

 

実は、これ全部「むくみウェルカム」な行動なんです!

実はむくみ大歓迎な行動

理由を簡単に説明していきますね。

まずは1つめ、

*前日の夜シャワーで済ませる

シャワーが悪いわけではありません。もちろん、入るだけマシです!どちらかというよりも湯船に浸かることが、むくみ防止に効果的なんです。

浸かるのであれば、特にぬるめのお風呂38度くらいがぴったり)がおすすめです!浸かるだけでも、こんなにたくさんのメリットがあります!

  • 体がリラックスして寝付きがよくなる
  • 全身の血管が広がって、血行がよくなる
  • ストレスが低減される
  • 胃腸が活発になる、消化が促進される

お風呂に入るだけで、温熱効果や水圧、浮力の効果で血流が確実に改善され、老廃物が流れ出て、ぐんぐん循環がよくなっちゃいます!

様々な効果が期待できます!

大事な日の前には、38度くらいのぬるめのお風呂がおすすめです。

時間はだいたい20分~30分を目安にしましょう。


次に、2つめですね。

*前日、夜更かしをしてしまう

寝不足は当たり前ですが、体には百害あって一利なしです!

代謝が落ちてしまうので、水分が溜まりやすくなってしまい、結果的に朝起きたら顔がボンッ!となってしまいます。

大事な日の前こそ、6~7時間の適切な睡眠をとりましょうね♪

しっかり寝ましょう。


3つめは食事についてですね。

*つい前日に塩分の多い食事を摂ってしまう

塩分の多い食事は、体内の余分な水分が外に出づらくなります。外に出づらくなった水分は、当然、体内に溜まっていくわけですね。溜まった水は、着実にあなたの顎や足などのむくみやすい箇所に溜まってしまいます。

では、塩分の多い食べ物って実際なんでしょうか?種類ごとに、いくつか上げてみたいと思います。

  • ラーメンなどの麺類やパン類
  • 味噌を使った製品
  • 煮干し、しらす干し
  • 塩辛、佃煮
  • ビーフジャーキー、ハム類
  • カットわかめ、塩昆布、あおのり、あおさ
  • チーズ類

実はこの辺の食材は、グラムあたりの塩分が多めです。意外にも最も多いのは海藻類なんですが、海藻類をご飯と同じ量だけ食べることはないと思いますので、控えるようにすれば大丈夫です。

意外と塩分おおいんです

上記のむくみにつながりやすい食材、「むくみ食材」には十分気を付けましょう!

 

逆に、体内の不要な水分を外に出す作用がある「カリウム」が含まれた食材はむくみバイバイ食材ですから、積極的に食べましょう!

例えば、バナナ、アボカド、納豆やキノコ類が該当しますので、むくみが気になる方は是非食事に取り入れていきましょう。

もちろん、塩分を過剰に控えても、栄養のバランスが悪くなりますので、何事もほどほどを心がけるようにすれば、なお安心です。


最後に4つめです。

*お水を控える(お酒をたくさん飲む)

これよくあることですが、本当に要注意です。ダイエットでもよくありますが、食べるのを極端に控えると、体が「カロリーを蓄えなきゃ!」と判断して、ものすごーく痩せづらくなります。

それと同じで、体に水分を入れないように入れないように…としすぎると、体は「世紀末かな!?お水を大事にしないと!!」と余計な水分すら溜めようと一生懸命になってしまいます。

水分はしっかり摂りましょう

人はだいたい1日に2リットル~2.5リットルの水分を外に排出しますので、水分の摂取は過剰にさえならなければ、あまり抑えなくても大丈夫ですよ。

大体、1時間にコップ1杯分(200ml)飲むのが良いとされていますので、飲み過ぎ、飲まなすぎにならないように気を付けてみましょう。

ただし!

お酒は塩分と同様、過剰に飲みすぎるとむくみを引き起こしかねません。アルコールの血中濃度が上がることで、血管が広がり、水分が皮膚の組織(皮下組織)に染み出してしまい、むくみに繋がります。

アルコールには要注意!

くれぐれも晩酌はほどほどにしておきましょう。


さて、今回はむくみを予防するための準備について紹介してみました。

まとめます。

  1. 夜は38度前後のぬるめのお風呂に入りましょう
  2. 寝不足は言語道断!6~7時間の睡眠をとりましょう
  3. 塩分は控えめに!カリウムの入った食べ物をとりましょう
  4. 水分は控えないでOK!適度な水分補給で大丈夫!アルコールは控えましょう

この4つを守れれば、顔はむくみづらくなりますので、是非試してみて下さいね。

 

当院では、むくみの解消もバッチリです!お医者さんやモデルさん、アイドルの方々からも絶賛を頂いている技術なので、もしも当日どうにかしたいむくみがある方は、池袋から徒歩3分の当院まで駆け込んで下さい!

当日のご予約は取りづらいものの、空きがあれば承っておりますので、お電話下さいね。

03-6914-3086

000

 

むくみに困ったら当院まで!

今すぐむくみを解消したいなら、当院まで!